【技術管理者】

財務会計サポート業務もおこなっております。(「福岡/経理代行会計記帳.com」)

 

 [技術管理者]

技術管理者は、一定の実務経験者であるか又は一定の有資格者であることが必要です。(下表を参照)

 

※ここでいう実務経験とは、解体工事に関する技術上での経験をいいます。(解体工事の施工、施工の監督、施工の指揮、および解体工事についての見習い期間も含みます。)

 

 1.実務経験者
 学歴/実務経験年数

解体工事業の登録(要実務経験年数)

<参考>

建設業許可の場合

(要実務経験件数)

指定講習未受講者 国土交通大臣指定講習受講者
一定の学課(大学・高専卒業者) 2年

1年

 3年

一定の学課(高校卒業者) 4年

3年

 5年

上記以外 8年

7年

10年

 ※一定の学課とは、土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地又は造園に関する学科を含みます。)、都市工学、衛生工学、交通工学、建築学に関する学科をいいます。
☆国土交通大臣の指定講習とは、公益社団法人全国解体工事業団体連合会が実施する「解体工事施工技術講習会」をいいます。
 
 2.有資格者
法律上の分類区分 資格区分
建設業法 1級建設機械施工技士
2級建設機械施工技士
1級土木施工管理技士
2級土木施工管理技士(「土木」)
1級建築施工管理技士
2級建築施工管理技士(「建築」)
2級建築施工管理技士(「躯体」)
建築士法 1級建築士
2級建築士
職業能力開発促進法 とび・とび工(1級)
とび・とび工(2級)/実務経験1年以上
技術士法 技術士(2次試験での「建設部門」合格者)
国土交通大臣が指定する試験 解体工事施工技士試験(→公益社団法人全国解体工事業団体連合会が実施しております。)
 

[解体工事施工技術講習会]

こちらの講習会は、公益社団法人全国解体工事団体連合会が実施しております。

(→『講習会の日程等』)

 

[解体工事施工技士試験]

こちらの試験は、公益社団法人全国解体工事業団体連合会が実施しております。

(→『解体工事施工技士試験』)